19305円 楽器経験がなくても楽しめる、初めてのキーボード GO:KEYS Roland/GO-61K 楽器・音響機器 ピアノ・キーボード その他 2020秋冬新作 楽器経験がなくても楽しめる 初めてのキーボード GO:KEYS Roland GO-61K 2020秋冬新作 楽器経験がなくても楽しめる 初めてのキーボード GO:KEYS Roland GO-61K 19305円,/Anglistics1734170.html,楽器・音響機器 , ピアノ・キーボード , その他,abidjan.tel,Roland/GO-61K,楽器経験がなくても楽しめる、初めてのキーボード,GO:KEYS 19305円 楽器経験がなくても楽しめる、初めてのキーボード GO:KEYS Roland/GO-61K 楽器・音響機器 ピアノ・キーボード その他 19305円,/Anglistics1734170.html,楽器・音響機器 , ピアノ・キーボード , その他,abidjan.tel,Roland/GO-61K,楽器経験がなくても楽しめる、初めてのキーボード,GO:KEYS

2020秋冬新作 楽器経験がなくても楽しめる 大幅値下げランキング 初めてのキーボード GO:KEYS Roland GO-61K

楽器経験がなくても楽しめる、初めてのキーボード GO:KEYS Roland/GO-61K

19305円

楽器経験がなくても楽しめる、初めてのキーボード GO:KEYS Roland/GO-61K




【製品概要】


初めて楽器に触れる方、鍵盤楽器を始めてみたい方に最適な新しいコンセプトのキーボード「GO:KEYS」。コンパクトなボディに、本格的なシンセサイザー音色を含む500種類以上のサウンドを搭載。指一本で本格的なパフォーマンスができる「ループ・ミックス機能」など、音楽経験がなくても初めて触れたときから、クールで本格的な音楽を体験できます。さらに、Bluetooth接続でスマートフォン/タブレットとの接続も可能。軽量、コンパクト、バッテリー駆動で、いつでもどこでも演奏できます。初めてでも気軽に本格的に音楽を楽しめるキーボードです。

■楽器経験がなくても初めから楽しめる、エントリー・キーボード。
■指一本で本格的な演奏が体験できる「ループ・ミックス」。
■DJ気分でリアルタイムにエフェクトを楽しむ「パフォーマンス・パッド」。
■Bluetoothオーディオ/MIDI機能で、スマートフォンやタブレットに接続。
■本格的なシンセサイザー音色など、プロ・クオリティの音色を500種類以上搭載。
■内蔵レコーダー搭載。ループ・ミックスで完成した曲のバックアップも可能。
■本体にはスピーカー内蔵。ヘッドホン使用や音量調節で、いつでも演奏を楽しめます。
■小型・軽量で、電池駆動が可能。どこでも持ち運びOK。

初めてでも簡単に本格的な演奏ができる「ループ・ミックス」
鍵盤を使っていろいろな楽器のフレーズを組み合わせて、多彩なジャンルの音楽演奏を楽しめる「ループ・ミックス」。ロック、ヒップホップ、ハウス、R&Bなど様々なジャンルのループ・ミックス・セットを12種類内蔵。ドラム、ベース、シンセなどの、鍵盤に割り当てられたフレーズを指1本で選び、リアルタイムに音を重ねていきます。音程やタイミングは自動的に合わせてくれるので、楽器の経験や音楽の知識は不要。一つのループ・ミックス・セットで56種類のフレーズを組み合わせることができ、その組み合わせ数は100万通り以上にも!自分だけのオリジナルな即興演奏がすぐに実現します。さらに「パフォーマンス・パッド」を使えば、DJプレイのようにエフェクトをリアルタイムにかけて盛り上げることも。それらのプレイを録音して残すことも可能です。GO:KEYSに初めて触れたときから、本格的でクールな音楽演奏を楽しめます。

楽しさが広がるBluetooth機能
Bluetoothオーディオ機能を搭載し、スマートフォンやタブレットのサウンドを、本体のスピーカーから再生可能。ダンス・ミュージックやヒット曲など、モバイル機器のサウンド・ライブラリーや、Youtubeなど動画のサウンドを再生しながら、一緒に演奏できるのも楽しさのひとつです。GarageBandなど、MIDI機能に対応したアプリへの鍵盤入力も可能。さらに楽しさが広がります。

プロ・クオリティのサウンドを500以上搭載
本格的なシンセサイザー音色をはじめ、500種以上の音色を搭載。上位モデル直系のプロ・クオリティなサウンドが楽しめます。音色は、ピアノ、オルガン、弦楽器、ブラス、ドラム、ベースなどジャンルに分かれたボタンを押すだけで、簡単に選択。最大同時発音数128音を備え、ハイ・クオリティなシンセサイザーとして、鍵盤のみの演奏はもちろん、ループ・ミックスと重ねての本格的な演奏も実現します。

いつでもどこでも音楽を始めよう
小型・軽量なボディに、高品位なスピーカーを内蔵。電池駆動も可能なポータブル&オールイン・ワン・スタイルです。もちろんヘッドホンでの使用も可能。いつでもどこでも場所や時間を選ばず、演奏が楽しめます。凹凸のないスタイリッシュなデザインに、大きく見やすい液晶画面、わかりやすいボタンを装備し、わかりやすい操作性を実現。初めての方でも気軽に鍵盤楽器を始められるモデルです。

楽器経験がなくても楽しめる、初めてのキーボード GO:KEYS Roland/GO-61K

      

ヴィム・ヴェンダース監督の映画 《まとめ》


こちらでは、一夜一話お気に入りの、洋画の監督作品をまとめています。(シリーズ記事です)
今回はヴィム・ヴェンダース監督を取り上げます。

タップして紹介記事へお進みください。

多作のヴィム・ヴェンダース監督の映画のうち、前半期の作品が好きです。
とりわけ一夜一話のお気に入りは、ダントツに「さすらい」であります。
その後、当時公開の「パレルモ・シューティング」を観て以来、ヴィム・ヴェンダースの新作に興味をなくしています。

一方で、「まわり道」「ことの次第」「東京画」「都市とモードのビデオノート」そして「666号室」なども、紹介しようと思いながらも、今に至っています。これらは、そのうちに。
なお、ヴィム・ヴェンダースが製作を担当した「左利きの女」「Rain レイン」は、その題名をタップして、どうぞ。

以下の監督作品の紹介記事は、タップしてお進みください。
 パリ、テキサス 


 都会のアリス 


 さすらい 


 ミリオンダラー・ホテル 


 ベルリン・天使の詩 


 ゴールキーパーの不安 


 都市の夏 


 パレルモ・シューティング 


一夜一話が好きな監督たちを集めています。
お進みください。


【 一夜一話の歩き方 】
下記、タップしてお読みください。

関連記事